弟が先に童貞を捨ててしまい劣等感が半端ない時にやるべきこと4つ!

LABO
やっほ!ライターのLABOだよ!

ある日、弟が彼女を作って童貞を捨てたことを聞いてしまった。

言ってきた弟に悪気はなかったみたいだけど、兄として先を越されて惨めな気分になり、劣等感を覚えてしまう。

このまま弟は彼女と結婚して幸せに暮らすのに、自分だけ彼女が作れずに一生童貞なのか?

なんて思ってしまったことはない?

身近な存在である弟が、男として一皮むけたら悔しいものがあるよね。

今回は弟が先に童貞を捨ててしまい、劣等感が半端ない時にやるべきことをシェアしていくよ。

LABO
それじゃ、はじめていこう!

なぜ、弟が先に童貞を捨ててしまうと劣等感が半端ないの?

なぜ、弟が先に童貞を捨ててしまうと劣等感が半端ないのか?

それは、悔しさとか虚しさとか惨めさとか、いろいろな感情があなたの中で渦巻いているからだよ。

昔からずっと知っている、身近な弟に先を越されると焦りも出てきたりするし、自信も無くなるかもしれないよね。

だけど、ネガティブな感情は時に行動するための原動力になるから、しっかりと向き合っていくことが大切なんだよ。

具体的にどういう理由で劣等感を覚えてしまうのか?

詳しく見ていこう。

1.兄弟に先を越されている焦りがあるから

兄というのは弟を守る存在だし、先を歩いていないといけない。

そういう風に感じている人にとって、弟が先に彼女を作って童貞を捨ててしまったら、先を越されてしまったことになるよね。

特に彼女を作るとか、童貞を捨てるとかは、男の人にとって一大イベントでもあるから、それを弟が先に実現したら焦りの感情が湧いてくるよ。

もしかしたら、「兄さんはいつ彼女作るの?」「兄さんはまだ童貞なの?」なんて言われてしまって余計に悔しい思いをしたりするかもしれないね。

こういう焦りの感情から劣等感を覚えてしまうんだ。

2.弟の方が幸せそうだから

彼女がいなくて童貞の自分と、彼女がいて童貞を捨てている弟。

客観的に比べてみると、弟の方が幸せに見えてしまうよね。

それをあなた自身がよく分かっているから、なおさら劣等感を覚えてしまうんだ。

たとえば、特に四季のイベントシーズンとか、テーマパークのお土産が家に置いてあったりすると、嫌でも弟の充実した生活を想像してしまうよね。

そういった幸せそうな状況を見て、羨ましいとか、俺は何をやっているんだろうと感じてしまうんだよ。

3.自分が童貞である現実を叩きつけられるから

そして何より、自分がまだ童貞である現実を叩きつけられてしまうよね。

弟は彼女と幸せに過ごしていて、夜な夜なセックスもしているのに、自分はオナニーすることが精一杯。

このまま彼女が作れずに一生童貞で結婚できなかったらどうしよう。

こんな現実を嫌でも叩きつけられるから、そこからネガティブがどんどん入り込んでしまうんだ。

身近な弟に、自分の状況をはっきりと認識させられることから来る劣等感もあるんだ。

弟が先に童貞を捨ててしまい劣等感が半端ない時にやるべきこと4つ!

弟が先に童貞を捨ててしまって劣等感が半端ない時にやることを紹介するね。

惨めな思いになって、劣等感を覚えるかもしれないけど、落ち込んでばかりもいられないよ。

まずは、あなたができることを少しずつ始めていこう。

現状、自信が無くなって苦しいかもしれないけど、間違っても、俺は一生童貞のままなんだと諦めてしまったらダメだよ。

それじゃあ、1つずつ見ていこう。

1.まずは気にしないこと

まずは気にしないことだよ。

弟と比べないようにするって言い方もできるよ。

弟と比べてしまって、劣等感を覚えて自分に自信が無くなることのメリットが何1つないからだね。

それよりも大事なことはたくさんあって、それは見た目を変えることだったり、恋愛を学ぶことだったり、やることはいろいろあるんだ。

だから、弟と比べて自分は劣っているんだと考えるのを、まずは止めることから始めよう。

LABO
弟に限らず、人と比べるのを止めることはすごく大切だよ

2.危機感をちゃんと覚えること

弟と比べたり気にしたりする必要は一切ないよ。

だけど、しっかりと危機感を覚えることは大切なんだ。

あなたはちゃんと悔しさとか羨ましさを感じていると思うから大丈夫。

本当に良くない状況は、危機感すら忘れてしまって何も感じなくなることなんだ。

そうなると人としての成長が止まるから、人生がつまらなくなってしまうよ。

だから、しっかりと危機感を認識して、彼女を作って童貞を卒業するための原動力に変えていこう。

3.恋愛のことをしっかり学ぶこと

弟と比べずに危機感もちゃんと認識したら、ちゃんと恋愛のことを学ぼう。

もしかしたら、弟は恋愛を学ばずに彼女を作ったかもしれないけど、そこも気にしたらダメだよ。

弟は自然と作ったのに、自分は恋愛のことを勉強して、必死になっているから負けている気がする。

この考え方は間違っているよ。

本当にあなたが負ける瞬間は、彼女を作ることや童貞を捨てることを諦めてしまった時だよ。

この瞬間にあなたは弟にも自分にも負けてしまうことになるんだ。

そうならないために、まずはしっかりと恋愛について勉強をしよう。

弟に負けないくらいの彼女を作るために、しっかりと対策を練ろうってことだね。

3−1.どんな勉強をすれば良いのか?

学ぶことの大切さが分かったけど、何を勉強したら良いのかわからない。

そういう時は、本質と言われている知識を学ぼう。

小手先のテクニックじゃなくて、いくつになってもずっと使えるような、ずっと彼女と仲良く過ごせるような知識を学ぶことが大事なんだ。

ここで間違った情報を鵜呑みにしてしまうと、方向性がズレてしまうことになるよ。

そうしたら、いつまで経っても彼女が作れなくなるから気をつけようね。

LABO
詳しくはLABOがオススメする書籍を読んでみて!

4.絶対に諦めないこと

最後に、絶対に諦めないことが大切だよ。

同じ血の通った弟に彼女が作れているなら、あなたも絶対に彼女を作ることはできるよ。

どんな状況だろうと、諦めなければ必ず状況は良くなって来るよ。

冷静になって周りを見渡してみてほしいんだけど、街中にはカップルがたくさんいるでしょ?

これだけ彼氏彼女がいるなら、自分にも彼女が作れるっていう自信を持つことが大事なんだ。

諦める時は、自分ですべての最善を尽くした時だよ。

LABO
やる前から諦めたり投げ出したりだけはしないようにしよう

まとめ

はい、お疲れさま♪

弟が先に童貞を捨ててしまって劣等感を覚える理由は

  1. 兄弟に先を越されている焦り
  2. 弟の方が幸せそうだから
  3. 自分が童貞である現実を叩きつけられるから

この3つの感情からだったね。

でも大切なのは、悔しい思いをした後に、そこからしっかりと行動して這い上がることなんだ。

現状は彼女を作って童貞を捨てた弟に負けている気がするかもしれないよね。

だけど、危機感をバネに活動することで、必ず良い方向に動いていくよ。

具体的な対策としては

  1. まずは気にしないこと 
  2. 危機感をちゃんと覚えること
  3. 恋愛のことをしっかり学ぶこと
  4. 絶対に諦めないこと

この4つが大事だったね。

しっかりと確実に進んでいって、素敵な彼女を作っていこう。

弟に負けないような、堂々とできる自分になっていこうね。

LABO

じゃあ、今日の話はこれでおしまい。

最後までありがとね!ばいばい~

Amazonランキング1位の書籍が読めます


カンナがオススメする書籍の紹介です。

私の友人であり仕事仲間でもある、童貞卒業コンサルタントの神楽さんが出版した「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」ですが、

この書籍は、小手先の恋愛テクニックで童貞を卒業する方法とか、付き合ってもすぐに別れてしまう方法ではなく、

女性と関係を深めて尊敬されるような男性になる秘訣が学べます。

書籍のなかでも書かれていますが、

神楽さんは、親友4人にいじめられ、ゲーム依存症になったり、親に見放されたりと、壮絶な過去を体験されていて(本人から直接聞くと、さらにエグいです)

恋愛に苦手意識やコンプレックスを抱えている男性の気持ちが痛いほどわかる方なので、安心して読んでみてください。

童貞卒業にチャレンジするのは男磨きと一緒だから

その過程で
  • 他人に対しておどおどしなくなること
  • コミュ力が磨かれ対人関係に強くなること
  • リーダーシップ能力で正しく人を導けること
  • 場の空気を読み先回した行動ができること
  • 相手の欲しいものを察してあげること
  • 好きなことに遠慮せずチャレンジすること
  • 圧倒的な自信に溢れ自分が好きになること

こういうスキルが身に付くという考え方にもすごく共感できます。

童貞の方も、そうじゃないよって方も、女の子が心底惚れて尊敬される男になりたい!って思う方は読んでみてください。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位を獲られていて、メルマガのなか限定でその書籍を公開されています。

私も読んだんですけど、ストーリー形式で書かれていて、読みやすい本でした。

あと、書籍の感想を送るとプレゼントがもらえるみたいなので、ぜひ、書籍の感想とカンナから来ましたって送ってみてください(笑)

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れますよー。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。