良い歳なのに女性を意識しすぎる時の対処法を3つ紹介するよ!

The following two tabs change content below.

童貞卒業お姉さんカンナ

女性のホンネや裏側を赤裸々に暴露して、恋愛が苦手な男子を撲滅させる活動をしているよ! LABOが超オススメする魅力的な男に成長するための、Amazon Kindle「恋愛」カテゴリーで1位を獲った書籍付き無料メール講座はこっち
LABO
やっほ!管理人のLABOだよ!

普段女性と接していたり、話していたりするときに意識しすぎてしまうことはない?

話し方がぎこちなくなってしまったり、距離感が微妙になってしまったり、そっけない態度を取ってしまったり。

そんなつもりじゃないのに、女性との溝が深まったりするよね。

だから、普通に接することができる男の人を見て羨ましいなって感じてしまうことも。

実はこういう女性を意識しすぎてしまう男の人って少なくないんだ。

今回は、女性を意識しすぎてしまう理由と対処法を見ていくから、参考にしてね。

LABO
それじゃ、はじめていくよ!

なぜ、女性を意識しすぎてしまうのか?理由3つ

なぜ、女性を意識しすぎてしまうのかわかるかな?

結論から言って、女性慣れしていないことで起こる反応みたいなものだよ。

今まで女性と関わる機会が少なくて、どう接したら良いのかわからなくて、つい意識しすぎた行動に出てしまう。

詳しい理由を3つ見てみよう。

自分を客観的に分析するのは、とても大事なことだよ。

1.女性に苦手意識があるから

女性に苦手意識があるパターンだよ。

昔、女性の前で恥ずかしい思いをしたとか、そもそも男子校出身で女性に対して免疫がないとか、そういうことで女性が苦手になってしまうよ。

一度苦手意識を持つと、女性と接するときに、あれこれ考えてしまって余計にぎこちない感じになってしまうよ。

女性に限らず、苦手意識って早めに克服しないと厄介な存在だよね。

2.あまり恋愛経験がないから

恋愛経験があまりないと、女性とどう接して良いのかわからなくて、ぎこちなくなってしまったり、意識しすぎてしまうことに繋がるよ。

何事も経験が不足していることって、ぎこちなさに繋がってくるよ。

そういう意味では苦手意識=経験不足とも言い換えることができるよね。

2−1.女性を神格化していない?

女性を神格化しすぎていないかな?

神格化とは文字通り、神様を見るような感じとか、別人だと思ってしまうことだよ。

女性も同じ人間だから、この神格化を止められるかどうかがポイントになってくるよ。

汚い例かもしれないけど、大切なことを言うよ。

女性も食事をしたらゲップをするし、1人の時は遠慮なくおならもするし、うんこもするんだ。

言われたら当たり前のことなんだけど、女性を意識しすぎている時は忘れてしまっていないかな?

バカらしく感じるかもしれないけど、神格化しないのはとても大切だよ。

男女は性別こそ違うんだけど、基本的な人体構造は一緒だから、まずはニュートラルに冷静に女性と接してみよう。

3.人と話すのがそもそも苦手だから

女性以前に、そもそも人と話すのが苦手な場合もあるよね。

人とのコミュニケーションが苦手だから、ぎこちない感じになってしまって、それが結果的に女性を意識しすぎているように見えてしまうよ。

人と話すのに抵抗を感じなくするには、慣れるしかないから、とにかく練習していくしかないんだ。

失敗しても影響がない場所で積極的に人と話す環境を作ってみよう。

女性を意識しすぎないための対処法3つ!

次は、女性を意識しすぎないための対処法を見ていこう。

実は女性に対して意識するのは、気持ちの問題が大半を占めていたりするよ。

だから、気持ちの持ちようや意識を少し変えてあげることによって、女性にリラックスして接することができるようになるんだ。

全部で3つあるから順番に見ていこう。

1.女性を神格化しないこと

まず大切なのが女性を神格化しないことだよ。

現状、女性のことが別人だったり、宇宙人のように見えているかもしれないね。

だけど、相手も同じ人間なんだと思うことで、特別意識しすぎることを無くすことができるよ。

女性にも、ちゃんと食欲はあるし、睡眠欲もあるし、性欲もある。

サボりたい時も、羽目を外したい時も、泣き叫びたい時も、ズルしたい時もあるんだ。

こういうことは男の人と一緒なんだよ。

だから、女性を特別視しないようにすることが、女性と接するときに意識しすぎないことに繋がって来るよ。

LABO
また汚い話なんだけど、女性もうんこをするんだって思うのは何気効果があるよ

2.女性慣れすること

女性慣れすることもすごく大切だよ。

あなたの身の回り以外の女性と接点を持つことようにしてみよう。

そうすると、だんだんと女性といることが当たり前になってくるよ。

女性と接する頻度を増やせば増やすほど、少しずつ女性を意識しすぎなくなってくるから、とてもオススメ。

現状で、そんな環境じゃないって場合は、女性がたくさんいるところに自分から積極的に足を運んでみよう。

2−1.女性がたくさんいるところの例

女性がたくさんいるところの例を挙げてみるよ。

  • 友達に紹介してもらう
  • トレーニングジムに行ってみる
  • イベントに足を運んでみる
  • マッチングアプリを使ってみる
  • ショップ店員と話してみる
  • スナックに行ってみる
  • キャバクラに行ってみる

などなど、考えればたくさんあるね。

女性慣れするには女性と接する頻度を増やすのが一番だから、面倒臭がらずに足を運んで見て!

こんな感じで考えたらたくさんあると思うから、積極的に行ってみよう。

3.自分に自信を付けること

良い歳なのに女性を意識しすぎるって思ってしまう人は、言い換えると自分に自信が無いって言えるよね。

だから、自分に自信を付けていくことが大切なんだ。

自信が付いていけば、女性と接していても、そう簡単に動じなくなってくるよ。

「それができたら苦労しない」って思うかもしれないけど、実は簡単に自信を付ける方法があるんだよ。

3−1.自分に自信を付けるには

自分に自信を付けるには

  1. 根拠のない自信
  2. 根拠のある自信

この2つを活用することが大事だよ。

根拠のある自信は、勉強ができる、スポーツができる、大きな実績がある、こういうことだけど、なかなか急には難しいって人が多いと思う。

根拠のある自信は行動の積み重ねによって生まれてくるものだからだよ。

だから、そういう時は根拠のない自信を活用していこう。

根拠のない自信は、本当に何でも良いんだよ。

たとえば、これから女性を口説きまくれる男に進化してやるんだ!とか。

出世してたくさんお金を稼ぐ男になるんだ!とか。

スポーツジムに行ってムキムキになってやるんだ!とか。

何でも良いから、根拠のない自信を使ってみよう。

自分のことを楽観視するとも言えるよね。ネガティブすぎて良いことなんて1つもないから、積極的に根拠のない自信を使ってみて自分を奮い立たせてみよう。

そうすれば、自分にもできそうな気がしてくるんだ。

ぜひ、やってみてね。

まとめ

はい、お疲れさま♪

良い歳なのに女性を意識しすぎてしまう原因は

  1. 女性に苦手意識があるから
  2. あまり恋愛経験がないから
  3. 人と話すのがそもそも苦手だから

この3つだったね。

一言でいうと、女性慣れしていないことによって起こる反応なんだよ。

だから、少しずつ克服していかないといけないね。

女性を意識しすぎないための対処法は

  1. 女性を神格化しないこと
  2. 女性慣れすること
  3. 自分に自信を付けること

この3つだったね。

特に女性を神格化しないことは今からでもできるから、すぐにやってみよう。

気持ちの持ち方を変えるだけでも、女性との接し方が全然違ってくるから、オススメだよ。

LABO

じゃあ、今日の話はこれでおしまい。

最後までありがとね!ばいばい~

Amazonランキング1位の書籍を読めるよ


LABOがオススメする書籍を紹介するよ!

童貞卒業コンサルタントの神楽さんが出版した「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」

この書籍は童貞を卒業する方法だけじゃなく、女の子とずっと仲良く付き合っていくための秘訣も学ぶことができて、私のブログと相性ぴったり!

著者の神楽さんは、親友4人にいじめられ、ゲーム依存症になったり、辛い過去があったんだって。だから、恋愛が苦手な男子に寄り添った内容になっていたよ!

童貞卒業する過程で
  • コミュニケーション能力が磨かれること
  • リーダーシップ能力が身につくこと
  • 場の空気を読む力が発達したこと
  • 相手の欲しいものを察すること
  • チャレンジ精神が旺盛になること
  • 自信が満々で自分が好きになること

こういうスキルが身に付くって考え方にも共感できたよ。

童貞じゃない男子も、女の子に心の底から好きになってもらって、尊敬される男になりたい!という思いがある人は読んでみてね。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位を獲っていてで、メルマガのなか限定でその書籍を公開しているみたいだよ(LABOも読んだけど)

ストーリー形式で作ってあって、夢中になって読める本だから、もし興味があれば読んでみてね!

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れるよ。
それじゃ、ばいば〜い