付き合う前の初デートで、女性にどこに行きたいか聞くのはアリ?ナシ?

LABO
やっほ!ライターのLABOだよ!

あなたは付き合う前の初デートで、女の子にどこに行きたいか聞く派かな?

たとえば、

  • 食事
  • 映画
  • 遊園地

などのデートプランを立てた時に

「どこ食べに行きたい?」
「どの映画が観たい?」
「どのアトラクションに乗りたい?」

こういうことを女の子に聞くことだよ。

今回は女の子に「判断を委ねる」のは、女の子にとってプラスのことなのか?マイナスなことなのか?本音を暴いていくから参考にしてね!

LABO
それじゃ、はじめていくよ!
[toc]

あなたはなぜ、女の子にデートプランを委ねるのか?まずはこの心理から

まずはあなたの心理の解剖から!

なぜ、

  • 女の子にデートプランを委ねるのか?
  • どこ行きたいか聞くのか?

ここについてだけど

これは

ぶっちゃけ言って不安だから、だよね?

たとえば、

  • 自分が食べたい店に行って好みが合わなかったらどうしようか?
  • 自分が観たい映画と女の子の趣味が合わなかったどうしようか?
  • 自分の行きたい場所に行って女の子は喜んでくれるだろうか?

こんな感じで

自分が決めたデートプランで失敗したくないから。女の子にガッカリされたくないから。

こういう心理が見え隠れしているんだよね。

確かに、気になる女の子や好きな女の子をやっとの思いで、デートに誘ったから

絶対に失敗したくない気持ちは分かるんだけど、

それでも!

女の子にどこ行きたいか聞いて、判断を委ねるのは止めておいた方が良いんだ。

じゃあ、何で止めておいた方が良いのか?

LABO
ここの部分を詳しく掘り下げていくよ!

付き合う前の初デートでどこ行きたいか?と、聞かれた時の女の子のホンネ3つ

付き合う前の初デートで
(初デートに限った話じゃ無いけど)

女の子にデートプランの判断を委ねた時の、女の子の心理や本音はどうなっているのか?

LABO
主に3つの心理や本音があるから、それらを丸裸にしていくよ!

1.頼りないなあ、しっかりしてよ!

1つ目がこれ。

デートの場所に集合して

いきなり、

「どこ食べに行きたい?」
「どの映画にしよっか?」
「まずどのアトラクションに乗る?」

なんて聞いてしまうと女の子は

(え~、頼りないなあ・・・)
(もっとしっかりしてよね~)

こういう風に「頼りない」って、感じてしまうんだ。

あなたの方からデートに誘っておいて、デートプランが無いから女の子の方としては、頼りなさや肩透かしを食らうよね。

それで、当然ながら

女の子に「頼りなさ」を感じさせてしまうのは、NGな行為になるよね。

だって、頼りない男の人を見て女の子が「キュン」とする姿がイメージできる?

絶対に「NO!」だよね?

だから、女の子にデートプランを委ねてしまうのはダメなんだ。

2.えっ?決めて来たんじゃないの?

女の子は、こういう風にも感じてしまうよ。

普通は、誘った方がデートプランを考えているハズだから

女の子の方としても「えっ?決めて来たんじゃないの?」と、こういう気持ちになるよね。

これは、友達通しの誘いで考えてみたら良くわかるんだけど

「今度遊びに行こうよ!」
「今度飲みに行こうよ!」

って誘って、いついつのどこに集合ね!と、決めておきながら

当日集合したら、一切プランが決まっていない。

そうしたら「おいおい、決まってないんかい!」って感じると思うんだ。

まあ、実際、友達同士の誘いだったら、lineとかでどこに行くのか決めると思うけど

女の子には、失敗したくないという心理から

友達と同じように、プランを立てることができないっていう男の人も居るから注意だよね。

3.何か不安になるなあ・・・

1つ目2つ目の

  1. 頼りないなあ・・・
  2. 何も決めてないんかい!

を、まとめて表現するとするなら

「不安」って表現がしっくりくるよね。

そう。

女の子は、男の人のそういう態度を見て、不安な気持ちになってしまうんだ。

だって最初の段階で、

いきなり「頼りなさ」をアピールしてしまったから(本人は真剣だし、そういうアピールするつもりは無くても)

(今日大丈夫なのかなあ・・・?)
(ってか、この人大丈夫なの?)

こんな気持ちになるよね。

そして、こういう「頼りなさ」をアピールし続けると、女の子は段々と不安になって来て

不安が大きくなり過ぎると、その男の人を「恋愛対象」から外してしまうんだ。

だって、一緒に居ても「頼りない」からね。

実際に私が聞いたことのあるエピソードで

食事の約束をした男の人が当日なんのプランも決めてなくて、「どこに行きたい?」と女の子に聞いたらしいんだ。

理由は最初の方でも言った、女の子の好みと違ったら不安だからという理由だよ。

そうしたら、女の子の方は案の定ガッカリ気味に「決めてなかったんだ・・・」と言って

仕方なく、じゃあ今から決めようってことになったんだけど

そこでも男の人の方が、どこに何の店があるのか分かっていなかったみたいで、随分と長い間オロオロしていたら

ついに、女の子の方が痺れを切らして「もういい!帰るっ!!」と啖呵を切って帰ったらしいんだ。

LABO
ここまでのことは無いにしても、女の子の心理や本音はこういう風に感じているハズだから、ビシッと決めないとダメだよね。

初デートに限らず、男らしくリードする方が良いに決まっているよ

そう。

つまり、今回の話で言いたいのはこういうこと!

初デートに限らずに、いつだって男らしくリードしてあげないと、女の子は不安になってしまうんだ。

そして、不安が膨らむとどういう想像をするのかと言うと

  • この人は自分の意思があるの?
  • なんか気まずいデートがスタートしそう
  • この人とのデートはつまらない
  • 時間を無駄にしたなあ・・・
  • もう帰りたいなあ・・・
  • こういう人とは付き合いたくないな

こういうことを感じてしまい

デートが終わった後に「今日はありがとう」とlineしたとしても素っ気ない返事が返って来たり、既読無視されてしまったりするんだ。 

だから、あなたが意識しないといけないのは

女の子を上手にリードするっていう視点だね。

一見、女の子にどこに行きたいのかを聞くことは、女の子を尊重しているように見えて「頼りない」行動だから、絶対に止めるようにした方が良いよ。

悪い印象を与えることができても、決して良い印象を与えることはできないからね。

LABO
年齢が10個とか離れていない限りは、あなたがデートをリードしようね。

こういう言い方ならOK!

ただ、ここまで言っても、どうしても女の子の反応が気になる人が居ると思うから

そういう時にはどうしたら良いのかシェアするね。

結論から言って

いくつかの選択肢を与えてあげればOKだよ。

たとえば、

食事の場合なら

ここの通りに美味しい「イタリアン」と「中華」の店があるんだけど、○○はどっちが食べたい?みたいな感じだよね。

映画デートの場合なら

lineのやり取りで、Aという映画とBという映画があるけど、○○はどっちが観たい?みたいな感じ。

遊園地なら

あっちのアトラクションとこっちのアトラクションが今空いているね。○○はどっちに乗りたい?みたいな。

これだったら、自分にも意思があるとアピールしつつも、女の子の意見も尊重している感じが出せているよね。

あくまでもデートプランはあるけど、最終的な決定は一緒に決める、みたいな。

こういう言い方なら、女の子は「頼りない」と感じずに、包容感や器の大きさを感じてくれやすいよ。

だから、あなたがもしデートプランで迷ってしまったら、いくつかの選択肢を用意して、女の子と一緒に決めると良いよ。

LABO
この考え方は、日常でも役に立つ応用の利く考え方だったりするよ!

まとめ

はい、お疲れさま♪

付き合う前の初デートで、女の子にどこに行きたいのか聞いてしまうと(すべての判断を委ねてしまうと)

女の子に

  • 頼りないなあ・・・
  • 決めてるんじゃないの?
  • 不安になるなあ・・・

こういうことを思われてしまうから、止めようねって話だったね。

どうしても自分だけで決めきれないなら、いくつかの選択肢を用意してあげて、一緒に決めるのが良いよって話もしたね。

デートプランに限らずに、基本的に男の人が女の子をリードするんだ!という意識を持って女の子と接してほしいよ。

女の子は強くて優秀な遺伝子を残したいという本能の仕組み上、男の人のリーダーシップ能力をよーく見ているから、ちゃんとできるようになってカッコ良い男になろうね!

LABO

じゃあ、今日の話はこれでおしまい。

最後までありがとね!ばいばい~

Amazonランキング1位の書籍が読めます


カンナがオススメする書籍の紹介です。

私の友人であり仕事仲間でもある、童貞卒業コンサルタントの神楽さんが出版した「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」ですが、

この書籍は、小手先の恋愛テクニックで童貞を卒業する方法とか、付き合ってもすぐに別れてしまう方法ではなく、

女性と関係を深めて尊敬されるような男性になる秘訣が学べます。

書籍のなかでも書かれていますが、

神楽さんは、親友4人にいじめられ、ゲーム依存症になったり、親に見放されたりと、壮絶な過去を体験されていて(本人から直接聞くと、さらにエグいです)

恋愛に苦手意識やコンプレックスを抱えている男性の気持ちが痛いほどわかる方なので、安心して読んでみてください。

童貞卒業にチャレンジするのは男磨きと一緒だから

その過程で
  • 他人に対しておどおどしなくなること
  • コミュ力が磨かれ対人関係に強くなること
  • リーダーシップ能力で正しく人を導けること
  • 場の空気を読み先回した行動ができること
  • 相手の欲しいものを察してあげること
  • 好きなことに遠慮せずチャレンジすること
  • 圧倒的な自信に溢れ自分が好きになること

こういうスキルが身に付くという考え方にもすごく共感できます。

童貞の方も、そうじゃないよって方も、女の子が心底惚れて尊敬される男になりたい!って思う方は読んでみてください。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位を獲られていて、メルマガのなか限定でその書籍を公開されています。

私も読んだんですけど、ストーリー形式で書かれていて、読みやすい本でした。

あと、書籍の感想を送るとプレゼントがもらえるみたいなので、ぜひ、書籍の感想とカンナから来ましたって送ってみてください(笑)

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れますよー。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。