大学生活で彼女ができなかった焦りと不安。今から挽回するには?

LABO
やっほ!ライターのLABOだよ!

大学生活で彼女ができなくて焦りや不安を感じていない?

周りの友達は彼女がいるし、それに社会人になってからは出会いが減るし、いろいろと焦っているんじゃないかな?

今回は大学生活で彼女ができなかったとしても、今から挽回していくための方法をお話ししていくから、参考にしてね。

LABO
それじゃ、はじめていくよ!

なぜ大学生活で彼女ができないと焦るのか?理由4つ

大学生活で彼女ができなかったら、なぜ焦るのか理由を4つ考察してみたよ。

まずは状況を客観的に分析してみよう。

焦りや不安って行動する時のエネルギー源に変わるから、しっかりと認識することが大切なんだ。

LABO
ネガティブな感情は時に味方になってくれるよ!

1.彼女持ちの友達が羨ましくて焦る

自分は大学の4年間、あるいは2年間、彼女ができたことなかったのに、友達は当たり前に彼女を作っている。

すごい人になると2人も3人も付き合ったことがある。

そうなると羨ましくて、彼女がいない自分に焦りが生まれてくるよね。

大学の終わり頃になって、年齢=彼女がいないとか、年齢=童貞コンプレックスがあるのに、友達はリア充しているから焦っているんだ。

嫉妬とか劣等感という言葉に置き換えることもできるよね。

2.社会人になると出会いが減るから焦る

社会人になると出会いが減るって聞いたことはない?

実際に、時間も大学生と違って少なくなるし、仕事は忙しくもなるんだ。

大学生活よりも厳しい条件のもと彼女を作るのは難しくなるんじゃないか?という焦りもあるよね。

多くの社会人が週5日で働いて、休日の2日は疲れて動けないなんてこともあるから、その中で彼女が作れるかどうか不安になる気持ちが働くんだよ。

3.社会人になってコミュニケーション能力が劣りそうで焦る

大学生活で彼女がいた人と、今まで1人も彼女がいたことない人だとコミュニケーション能力に差ができてしまうんだ。

それは彼女を作る過程で、さまざまな過程があって、それを乗り越えている人たちの方が、どうしてもコミュ力は高くなるんだ。

だから、そういう人たちと競争になったときに、蹴落とされそうって意味で焦っているかもしれないよね。

実際、社会人になって、男女ともに異性からモテている人と、そうじゃない人の、仕事の出来って全然違うから、あながち間違ってはいなかったりするよ。

LABO
これから巻き返せるから、まだ落ち込むのは早いよ

4.このまま一生彼女ができないかもと焦る

大学生活で彼女ができなかったし、社会人になったら、ますます女性との出会いが減っていく。

女性と出会う方法も、話す内容も、楽しませ方もわからない。

付き合うとかセックスするとか夢のまた夢。

こうなると、一生彼女が作れずに童貞で終わってしまうんじゃないかって焦りもあるよね。

これが一番大きな理由かもしれないよね。

周りは結婚して子どもまでいるのに、自分は1人ぼっち。

そんな状況を想像しているから焦っているって場合は多いよね。

大学生活で彼女が作れなかったとしても挽回できる

ここまで聞くと、気分が沈んで絶望したしれないけど、大学生活で彼女が作れなかったとしても十分挽回はできるよ。

そのための秘訣を今から話していくね!

今から挽回するための4つの対策!

結論から言って、今からでも全然遅くないよ。

あなたがこれから彼女を作って、挽回していくための対策を4つ挙げていくね。

読んで「なるほど」って思うんじゃなくて、実際に行動することが大切だよ。

今までちゃんと行動しなかったから彼女が作れなかったことを、認めることから始めよう。

1.自分の若さを自覚する

あなたは今何歳かな?

たぶん、22歳とかそのくらいじゃないかな?

まだ全然若くて、これからいくらでも挽回できる年齢なんだと、まずは認識することから始めよう。

焦って絶望して諦めるような年齢じゃないよ?

これからしっかりと頑張れば、いくらでも彼女を作ることはできるんだ。

LABO
諦めたらそこで試合終了だよ

2.恋愛は運や偶然ではないことを知ること

恋愛は運や偶然で起こるものじゃないんだよ。

しっかりと実力で勝ち取っていくものなんだ。

だから、いつか俺にも素敵な彼女が現れるから大丈夫。

という考え方は危険で、自分から積極的に動いていく必要があるんだ。

中には運や偶然で付き合うような男の人もいるけど、そういう人たちは長続きしないよ。

別れてしまった時に、彼女が作れなくなってしまうんだ。

あなたはしっかりと自分の実力で彼女を作っていく必要があるんだね。

LABO
ここすごく大切なところだよ!他力本願はダメってことだね

3.恋愛についてちゃんと調べる

恋愛のことについてちゃんと調べよう。

勉強して学ぶってことがとても大切になるよ。

あなたが大学に入った時も、勉強を頑張って入学したと思うんだけど、恋愛も全く一緒で、知識がないまま上手くいくほど甘くはないよ。

まずは恋愛についてしっかりと調べるようにしよう。

LABO
何事も準備はしっかりとってことだね

3−1.LABOがオススメする書籍

とはいえ、これだけだと何を調べて良いのかさっぱりだと思うから、LABOがオススメする書籍を紹介するね。

この本を読めば、どうやって彼女を作ったら良いのか?どうやって童貞を卒業したら良いのか分かるようになっているよ。

ここまで読んでいて、何を学んだら良いのかわからないなら、必ずゲットしておこう!

→LABOがオススメする書籍の詳細はこっちだよ

LABO
ここですぐに行動できる人が彼女を作れる人なんだよ

4.今すぐに取り組んでみる

ちゃんと学ぶことを明確にしたら、今すぐに取り組んでみよう。

「でも」「だって」「それは」と言い訳するのは危険信号が出ているよ。

今までそうやって言い訳して後回しにしてきたから、彼女ができなかったことをちゃんと認めることから始めよう。

逃げ続けてきたら、歳を取るにつれて、どんどん苦しくなるよ。

もう自分から逃げる人生から決着を付けよう!

そういう男の人を見て、女性はキュンとくるんだよ。

LABO
LABOが紹介した本をまずは読んでみること!いい?約束だよ

大学生活で彼女が作れなくても焦る必要はない

はい、お疲れさま♪

大学生活で彼女ができなかった焦りの理由は

  1. 彼女持ちの友達が羨ましくて焦る
  2. 社会人になると出会いが減るから焦る
  3. 社会人になってコミュニケーション能力が劣りそうで焦る
  4. このまま一生彼女ができないかもと焦る

この4つだったね。

今の時点で焦りとか劣等感とかそういう感情があると思うんだ。

だけど、これらの感情は行動する時のエネルギー源になるから大切にしようね。

何も感じなくなった時が本当の終わりだよ。

今からでも挽回するための方法としては、

  1. 自分の若さを自覚する
  2. 恋愛は運や偶然ではないことを自覚する
  3. 恋愛についてちゃんと調べる
  4. 今すぐに取り組んでみる

この4つだったね。

即学んで、即行動、これが彼女を作るための秘訣だよ。

自分に弱音を吐きそうになったら、「それじゃダメだ」って喝を入れてあげよう。

あなたならきっとできるよ。

まずはLABOが紹介した本を勉強することから始めてみてね。

こっそりと力を付けていって、周りの人たちをあっと驚かせてあげようね。

LABO

じゃあ、今日の話はこれでおしまい。

最後までありがとね!ばいばい~

Amazonランキング1位の書籍が読めます


カンナがオススメする書籍の紹介です。

私の友人であり仕事仲間でもある、童貞卒業コンサルタントの神楽さんが出版した「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」ですが、

この書籍は、小手先の恋愛テクニックで童貞を卒業する方法とか、付き合ってもすぐに別れてしまう方法ではなく、

女性と関係を深めて尊敬されるような男性になる秘訣が学べます。

書籍のなかでも書かれていますが、

神楽さんは、親友4人にいじめられ、ゲーム依存症になったり、親に見放されたりと、壮絶な過去を体験されていて(本人から直接聞くと、さらにエグいです)

恋愛に苦手意識やコンプレックスを抱えている男性の気持ちが痛いほどわかる方なので、安心して読んでみてください。

童貞卒業にチャレンジするのは男磨きと一緒だから

その過程で
  • 他人に対しておどおどしなくなること
  • コミュ力が磨かれ対人関係に強くなること
  • リーダーシップ能力で正しく人を導けること
  • 場の空気を読み先回した行動ができること
  • 相手の欲しいものを察してあげること
  • 好きなことに遠慮せずチャレンジすること
  • 圧倒的な自信に溢れ自分が好きになること

こういうスキルが身に付くという考え方にもすごく共感できます。

童貞の方も、そうじゃないよって方も、女の子が心底惚れて尊敬される男になりたい!って思う方は読んでみてください。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位を獲られていて、メルマガのなか限定でその書籍を公開されています。

私も読んだんですけど、ストーリー形式で書かれていて、読みやすい本でした。

あと、書籍の感想を送るとプレゼントがもらえるみたいなので、ぜひ、書籍の感想とカンナから来ましたって送ってみてください(笑)

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れますよー。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。